ー社員紹介ー板倉正樹さん

社員インタビュー

INTERVIEW

NEXT社員インタビュー
エンタープライズ事業部 板倉正樹さん
  1. NEXTではどのようなお仕事をされていますか?必要な技術等、業務内容を教えてください。

    厚生労働省が推進しているマイナ保険証システムの医療機関・訪問看護ステーションへの導入支援を行っています。求められる技術的なレベルとしては、CCNAを取得している方なら問題ないようなレベルです。ただ、厚生労働省のガイドラインの読み込みや、医療機関、社会保険の知識がないと務まらない業務です。

    以前医療機関のネットワーク構築に携わったことはありましたが、今回のような社会保険制度とは関係ない部分でしたので、新たに勉強することが多いです。導入するにあたり、クライアントとどのような仕様で導入を行うかを決めていくことが業務の大半を占めています。手を動かして実作業をすることは多くないのですが、やはり構築経験がないとクライアントへの説明もできませんし、仕様の決定もできません。

    また、多くの医療機関への導入を並行して行っていく中で、クライアントごとにシステムやネットワークの仕様が異なりますので、パターン化できるかがカギになります。これまでのネットワークエンジニアとしての経験や知識を最大限に活用できていると感じています。

  2. 板倉さんは当社がISMSの認証を受ける際のプロジェクトリーダーとしても活躍されましたね。

    はい。現在、社内情報セキュリティ委員会事務局長として、社内情報セキュリティ体制の維持向上に向けて取り組んでおります。ISMS認証取得時は、社長にISMS導入の必要性を訴えるところから始まりました。当時は、業者選定から契約稟議起案、関連書類作成、審査の対応まで一通りを行いました。非常に大変でしたが、その経験は勉強になりましたし、何より楽しかったです。

    ISO9001、ISO14001、ISO27017、ISO45001の審査員資格も取得しました。この資格を生かして、今後どのように会社に貢献できるかを考えているところです。

  3. 当社の魅力はどこでしょうか。

    当社の特徴として、社員個人がやりたいと手を挙げたことに柔軟に対応してくれる点が挙げられます。この点が一番魅力に感じています。社員一人一人の提案にしっかりと耳を傾けてくれる体制が最近さらに強化されたと感じています。もちろん、提案に求められるレベルは年々上がってきています。しっかりと根拠のある説明をしなければ提案は通りません。

  4. 当社に入社してくれた方にはどのようなことを期待したいですか。

    「私はこうありたい、こういう風になりたい」というビジョンを持っていただきたいです。また、自分のやりたいこと、なりたい自分がまだ見えていない人は、当社の業務を通じて、また自分のプライベートを通じてでも結構ですので、自己発見をし、常に上を目指してほしいです。

    ・常に自分から一歩前に踏み出そうとすること。
    ・常に自分を諦めないこと。

    このように考え、しっかりと努力を続けていけば、おのずと次のステージへと進んでいけると思います。

次のインタビュー