TRAINING PROGRAM

育成プログラム

当社ではエンジニア未経験者に向けた育成プログラム(研修カリキュラム)をご用意しています。本プログラムでは最大3ケ月の期間、虎ノ門オフィスに出社して頂き、エンジニアとしての下準備を行う制度です。主な活動は以下の内容ですが、もし途中で躓くことがあれば、ベテラン・エンジニアが背中を押します。

ITパスポート受験 書籍、動画、Webを活用しての学習。毎週の実力テストで習得度をチェック。入社翌月での受験・合格を目指します。ITの「基本のキ」を知り、土台を形成します。 業界調査 お取引先となる業界を選択し、調査結果をプレゼン資料にまとめて社内発表して頂きます。業界理解の一助にすると共に、汎用的な調査・資料作成・発表のスキルアップを狙います。 職種別研修 開発志望者/インフラ志望者別に業務を疑似体験。現場がイメージできるように育成します。また、対象者が担当する案件が決まった段階で、現場参画の準備を開始します。

情報システム部の週次定例会議に参加。情報システム部における業務を実体験します。 キャリアデザイン IT業役割マップ、職種の説明からキャリアイメージを固め、本人が目指すキャリアに向けた取り組みについて相談します(国家資格キャリアコンサルタント保有者による対応)。

なお「本プログラムさえ経験すれば準備OK!」とはなりません。エンジニアと胸を張れるまでに数年。加えてエンジニアはその生涯、スキルアップへの取り組みが必要です。本プログラムでは、独力でのスキルアップが継続できるよう「魚を与えるのではなく、釣り方を教える」をモットーに指導します。

    ■ 育成プログラム概要

  • ・期間 最大3ヵ月
  • ・所属 育成期間中は「人事部付」、現場決定または入社4ヵ月目より技術部に配属

QUALIFICATION SUPPORT

資格取得支援制度

2023年10月に制度を見直し、それまでの40弱から約210までに対象資格を拡大しました。資格が必須の業務(免許制)ではありませんが、体系的・網羅的に学習する手段として資格取得は有力な方法であり、スキルアップの一助となります。非IT系も含めて「資格取得を奨励する社風」となっています。

分類 レベル 対象資格名
IT系 スキルレベル1 ITパスポート試験、AWS Certified CLoud Practitioner、

Azure Fundamentals、PHP初級、など
スキルレベル2 基本情報技術者試験、AWS Certified Developer-Associate、

PHP準上級、G検定、など
スキルレベル3 ITPS(ITプランニングセールス)、

PHP上級、E資格、など
スキルレベル4 AWS Certified Advanced Networking-Specialty、

Cisco Certified Design Expert、

Google Professional Cloud Architect、など
非IT系 各1、2級 統計検定、ビジネス会計検定試験、

ファイナンシャルプランナー技能検定、日商薄記、

ビジネス・キャリア試験ー営業・経理・財務管理・人材開発・労務管理など