NEXTが掲げる
 「ユニット制」で
 互いをサポート

西東京支社 ITインフラストラクチャー統括部 第1技術部
ゼネラルマネージャー

善家 一馬 / 2015年入社

東京支社 ITインフラストラクチャー第2統括部 第1技術部
テクニカルリーダー

高 聖広 / 2017年入社

NEXTで様々な業務を担当

NEXTでは、これまでどのような仕事を経験されましたか?

(高)大手通信事業者で、システムインフラの拡張・変更を担当してきました。新サービスに対応できるようにサーバ等のシステムをアップデートする業務や、ネットワークインフラを中心にデータセンターで稼働しているシステムを一式、他に複数あるデータセンターへ拡張設置をする業務などに携わってきました。

(善家)私はクライアントと一緒に、ベンダーコントロールやプロジェクトマネジメント等を3年ほど担当しています。プロジェクトの計画段階から携わっており、基盤開発やWEBアプリケーション開発、また内部統制の観点を踏まえた運用の構築を担当しています。

キャリアステップの鍵は豊富な経験

インフラエンジニアのキャリアステップのポイントはなんでしょうか?

(善家)私は1社目のとある派遣会社で監視の現場に入りました。何かあったら、お客様に電話するのが仕事です。今では自動化されているのでなくなりつつある仕事ですね(笑)。ただ、それだけをこなしていてもスキルアップが望めなかったので、自己学習を行い運用SEになりました。
自己学習は中古のネットワーク機器を買い漁ったり、ジャンクパーツからサーバを構築したりしていました。知識が浅かったので試行錯誤しながらやっていましたが、それが成長のきっかけになりました。この経験がポイントかと思います。

(高)そうですね。やはり経験を積むことがポイントだと思います。私の世代は叩き上げでやってきた人が多く、特に資格をもっていないという話も聞きます。もちろん資格は、他の人に自分の知識を証明するための「ものさし」になると思います。特定の資格がないとできない仕事があるのも事実です。
ただそれは「手段」であって、「目的」になってはいけないと思います。私自身、前職で面接官をしていましたが、若い世代の方で、資格を持っていても「〇〇しかできません」とか「手順書がないと無理です」などと言われる方がいました。そのような方には実務で必要な最低限の質問をしても答えられません。一方で未だ数年の経験ながらITの現場で大活躍している若い世代のエンジニアもいます。その差は個人的な能力ではなくて、経験を能動的に積めた人なのかどうかといった差だと思います。

リミッターを課すことなく、何事にも挑戦してほしい

経験を積むきっかけになったのはいつですか?

(善家)私は前職が一つの基点です。当時30歳前後でしたが、インフラの領域は当然のことエンジニアとしてステップアップするには技術だけではなく、マネジメント・他業界の知識も必要だということを学びました。今の私の基盤になっていると思います。
そして、現在勤務するNEXTです。入社当時はまだ社員が4人ぐらい。入社して支社の立ち上げなどをやらせていただき、事業運営、拡大の難しさなどを経験し、さらに知識や技術を身に付けることができました。

(高)私自身も善家さんに近い35歳に人生のターニングポイントがありました。当時スーパーマンのようなエンジニアの同僚がいたのですが、その方の技術レベルがあまりにも凄すぎて、圧倒されました。そこで今後は技術だけではなく、マネジメントやコミュニケーションなど、他のスキルを身につけないといけないと考えさせられました。この同僚との出会いがなければ、今の私はいないと思います。
当時は先輩に「仕事は盗んででも覚えるもの」と言われ、参考になる資料も少なくそれは大変でしたね(笑)。ただ今は昔に比べて学ぶことが多くなっていますし、私の世代は教わるということが少なかったので、人に教えるのが苦手なエンジニアも多いです。今の若い方が身を置く環境は、私たちの時よりも大変だと感じます。
だからこそ私たちの世代は経験を若い世代の方に積ませることや、積むことができる環境を作ることが大切かもしれません。

(善家)NEXTも創業当初は数人の会社だったので、正直経験を積ませることは難しかったと思います。ただ今は数百人規模になり、多くのプロジェクトでユニット制を用いています。
ちょうど今20代の方と同じチームになっているのですが、分からないことがあったら、私にすぐ聞いてくれます。次の世代の若者が日々成長をしているのを感じるのは私のモチベーションにもなります。また教えることを通じて私自身が学んでいることも多くあり、私自身の成長にも繋がっていると感じています。

最後に今後のインフラエンジニアとして大事なことを教えてください

(善家)オンプレミスから、AWSなどのクラウドにインフラ環境が変わっていったように、流れに沿うのは必要ですが、大事なことは基礎だと思います。基礎をしっかり学んで、そこから新しい情報をいれることが成長の近道で大事だと思います。

(高)善家さんと同じようにインフラエンジニアは基礎が大事だと思います。その上で大切なことは自分にはこれしかないと思い込まないことです。特定の領域だけにとらわれると成長するタイミングを失うこともあります。自分にリミッターを課すことなく、まずは何事も挑戦してほしいと思います。