NEXT関西エリア

関西におけるDX推進No.1IT商社を目指す

大阪からIT Trading Companyの新たな路を拓け

募集要項はこちら
  • 独立拠点化
  • DX推進事業
  • コンサルセミナー事業
  • 平均年齢46.8歳
  • プライム案件豊富
  • コアメンバー募集

NEXT関西支社とは

― ABOUT ―

01.独立拠点化を目指す関西支社

「NEXT関西」として関西で一番のIT商社を目指す

ベテラン層が多い関西支社では、「これからももっと面白いことがしたい」と集まったメンバーが揃っています。実際に今はお客様にエンジニアリングサービスを提供するだけでなく、DX推進事業、セミナー事業、請負案件など、NEXTとしても新しい取り組みを関西から始めようとしています。

02.「これが最後の転職です」

もっと多くのエンジニアが最後の転職として選ぶ会社にしたい

一人一人の働き方や目標、やりがいは違いますが、それでもNEXTを最後の転職として選んでもらいたいと思っています。一人一人の自己実現を叶えるために、あらゆる可能性のある会社になっていきます。そのためには挑戦し続ける必要があり、同じ志を持った仲間がもっと必要です。

03.帰社会では全員で顔を合わせて話す機会がある

帰属意識を高め、関西ならではの人情味がある組織へ

客先常駐の会社でよくあるのが、帰属意識がなかなか保てない、という問題。その問題を防ぐため、関西では関西社員が全員顔を合わせて集まる帰社会を実施しています。仲間意識を高め、全員で関西支社を大きくしていくぞという意識を一人一人が持つようにしています。また帰社会では、新入社員が自己紹介をする時間を設け、機会にしています。
募集要項はこちら

エリア別の戦略テーマ

― OFFICE ―

心斎橋オフィス(2019年5月OPEN)
テーマ:時代の変化に対応するICT企業~DX推進とともに新しいステージへ

具体的な戦略
  • ECサイト、システムのデジタル化を提案(第一次産業に対して、農業、漁業、林業等)
  • お客様と幅広い繋がりを持ち、木目細やかなサービスをご提供する​
  • Itbookグループ内での協業
  • DX推進のコンサルについての取り組み
  • 自治体への介入(DX支援)

梅田オフィス(2021年12月OPEN予定)
テーマ:NEXTとしての新しいサービスへの挑戦

具体的な戦略
  • 取引先の各社DXに対する取り組みと提案
  • プロダクト拡販の代理店許可の取得
  • 請負でのキッティング支援(総合サービス支援)
  • DX推進のコンサルについての取り組み
  • 自治体への介入(DX支援)
  • DXセミナー開講
  • ベンダーとの協業

神戸オフィス(coming soon)
テーマ:オンサイトだけではない幅広いニーズへの対応​

具体的な戦略
  • ECサイト、システムのデジタル化を提案(第一次産業に対して、農業、漁業、林業等)
  • お客様と幅広い繋がりを持ち、木目細やかなサービスをご提供する​
  • Itbookグループ内での協業

京都・滋賀オフィス(coming soon)
テーマ:地元企業の開拓

具体的な戦略
  • 伝統ある企業に対し新しい価値の提案
  • お客様と幅広い繋がりを持ち、木目細やかなサービスをご提供する​
  • Itbookグループ内での協業
募集要項はこちら

会社紹介

― INTRODUCTION ―

社員紹介

― CHARACTER ―
幡山 安雄さん
Q.今までどんな仕事を経験されてきましたか?
アプリケーション開発ではSEからプロジェクトマネージャーの各ポジションで幅広い業種を経験しました。また、IT企業の立上げや、新事業の企画、立案を行い、企画営業、事業プロデューサーやコンテンツ・ディレクターなども経験しました。最近では製造業の業務改革・構築をしていました。
Q.NEXT株式会社に入社した理由を教えてください。
面接当時「関西支社は立ち上げ半年で、自分たちで支社を作り上げていく状況」という話があり、自分の経験を生かせそうだと思い、興味を持ちました。でも決定的なのは、偶然、30年前懇意にしていた信頼できる方が社員だと知ったことですね。陰の関西支社リファラル第一号はきっと私です。
Q.これからチャレンジしていきたいこと、目標は何ですか?
今の関西支社は創業期なので、競合他社と変わらない事業内容ですが、そろそろ新たな事業の立上げにチャレンジして行きたいですね。そして将来、自社コンテンツと呼べるものを会社に残せればと思います。
Q.関西をどんな組織にしていきたいですか、どういう事業をしていきたいですか?
困りごとは助け合い、成功を共に喜び合える。そんな仲間意識が持てる組織にしていきたいですね。​事業は農業、エネルギー業、リサイクル業、アミューズ・エンタメ業、製造業など、他業種とのコラボ事業にとても興味があります。根底には「未来の社会の発展に貢献できる基盤事業に携わりたい」という思いがあります。
岸部 純八さん
Q.今までどんな仕事をされて来ましたか?
大学生のアルバイトで、東証一部上場会社管理本部財務企画部にて、各種調査をする過程でITの力に気づく。そのまま、アルバイトしていた会社の情報システム部門に新卒入社し、ヘルプデスクから始まり、DBエンジニア・DBA・開発エンジニア・開発リーダ・データ分析責任者を経験。
Q.NEXTに入社をした理由は?
自分自身がキャリアアップを図っていた方向性があり、まだ設立して間もないこの会社のニーズ・ウォンツが合致したと思えた。具体的には、DBAの最高峰Oracle Platinum取得、マネジメント参画、AIエンジニアリング能力向上。
Q.これからチャレンジしたいこと、目標はありますか?
AIエンジニアとして案件に携われるような知識と技術を身に着けたい。間違いなく、今後のDXでますます大きなウェイトを占めるようになる。DBAとしては、Oracle Platinumを取得したいが、世界的に混乱した状況にあり、最新バージョンがリリースされていない。
Q.関西をどんな組織にしていきたいですか、どういう事業をしていきたいですか?
現状、インフラ部門がターゲットとするレイヤとして、サーバ・NW・運用保守がメインになっている。安定性は高い。その上のレイヤのDB・プラットフォームにも強い人材がいればさらに引き合いが多くなると考えているので、複数分野で活躍できる人を増やしたい。まずは自分が。
田中 敏之さん
Q.今までどんな仕事をされて来ましたか?
SIerを経て、教育サービス業の情報システム部門でシステム開発、インフラ系のプロジェクトマネージャとして長年業務に携わりながら、総務、人事、広報の仕事もしておりました。Webサイト、情報セキュリティ、システム監査、IT系セミナー、資格講座講師についても経験済で、IT系の仕事はほぼマルチに経験しております。
Q.NEXTに入社をした理由は?
関西支社が開設され、間もない時期でしたので、コアメンバーとして自分の力を思う存分発揮することで会社とともに成長できると考え、入社を決意しました。この判断は正しく、やりがいのある部署で仕事をしております。
Q.これからチャレンジしたいこと、目標はありますか?
一言でいうと人材育成です。企業の業績に貢献できる人材を育てること、すなわち、人材の成長を促すことが企業としての成長にもつながります。人材=人財です。技術・技能の継承だけでなく、意識・行動を変えることで物事の考え方、未来予測ができる高スキル人材を育成し、次世代に残すことがチャレンジであり、目標です。
Q.関西をどんな組織にしていきたいですか、どういう事業をしていきたいですか?
組織には、様々なタイプの人材がいて、ゴール(目標)に向かって進んでいます。関わっている全ての方が誰一人脱落することなく、巻き込むことで全員が達成感や幸福感を感じる、そんな組織にしていきたいと考えております。現在、私は、DX推進本部のプロジェクトマネージャとして、イノベーションを生み出すビジネスモデルを構想企画する事業に踏み出しております。 是非、私達と一緒に世界にイノベーションを起こすべく、挑戦していきましょう!
山口 英明さん
Q.今までどんな仕事をされて来ましたか?
DTPディレクター、Webデザイナーなどのクリエイティブな職種を経て、サーバー運用保守、ネットワークエンジニアを経験しています。
Q.NEXTに入社をした理由は?
社員一人一人を大事にしているところと関西支社の今後の取り組みについて共感し、将来の可能性を感じたためです。
Q.これからチャレンジしたいこと、目標はありますか?
個人的には、マネジメント能力の向上と5Gや6Gに移行する予定の無線技術の習得を目標にしております。今後の提案としては、カーボンニュートラルへ移行するであろう自動車業界やバイク業界とICT技術で連携できればよいと思っています!(個人的に二輪車も四輪車も日本製が好きなので)
Q.関西をどんな組織にしていきたいですか、どういう事業をしていきたいですか?
これからの次世代ネットワーク・DXなどICT業界で活躍できる人財を育成していきたいです。 小中学校でプログラミング教育が始まりましたし、将来、ITエンジニアになりたいという子ども達が増えれば良いなと思います。私が子どもの頃、8ビットのマイコンでプログラムを作成して、思い通りの動作をしたときの感動を実感してほしいです。そして、その子ども達が、日本のICT業界を世界で引っ張っていく人財になってもらいたいですね。
募集要項はこちら

所在地

― ACCESS ―
募集要項はこちら
TOP