会社も私自身も
チャレンジなくして成長なし

コーポレートビジネスユニット 管理本部 本部⻑補佐
事業統括部 ゼネラルマネージャー

宮本 強 / 2015年入社

今しかできない事をしようと決意

入社したきっかけは何ですか?

代表の林から誘っていただいたのがきっかけです。前職では、新規事業の営業を経て、人事部で労務や従業員研修を担当していました。今後は人事として、組織づくりの根幹である採用全般にも携わっていきたいと思い転職を決意しました。林とは前職の営業職時代に上司と部下の間柄で、よく気にかけていただきました。先に前職から転職をしていた林に退職の報告をすると、NEXTを立ち上げるから一緒にやらないかという話をいただいたんです。当時27歳、周りの友人は大手企業で働いている中、一から会社の立ち上げ。不安もありましたがこんな経験は他にできない、チャレンジできるのは今しかない、と意を決しNEXTに入社しました。

今の仕事について教えてください。

管理本部と事業統括部の統括をしています。管理本部は会社を管理する総務・人事、財務経理、情報システムの部署があり、会社を社員にとって働きやすい環境に整えていくことを目的としています。事業統括部は経営戦略として会社の仕組みづくりを役割としている部門です。会社が成長する過程でその規模に合った仕組みに調整することを目的とし、人員配置や経営計画の進捗管理を行っています。私の業務自体はすぐに成果がでるものではほとんどなく、仕組みづくりが多いですね。最近ですと、評価制度を改定しました。社員数が増加し各部署に必要な人材を配置できるようになってきたのですが、評価制度が立ち上げ間もないものから変更していなかったため、評価軸が職種で異なっており制度としてきちんと機能していませんでした。昨年から職種ごとの業務に対して公平に評価ができるよう改善を行い、新たにグレードを設けることで各社員が次のステップで何を求められているかを可視化しました。

時代の先を行く会社へ

やりがいを感じるのはどんなときでしょうか?

会社の成長を感じることです。常に肌で感じるものではないのですが、社員数や売上規模が前年よりも急激に増えていることにふと立ち止まって目を向けると、やりがいではないですが感慨深いものはあります。こんなに大きくなったんだな、と。今後もNEXTが成長し続けるためには、社員が「NEXTに入ってよかった」と思えるような職場環境にしていきたいです。働くモチベーションが向上する制度や環境を作っていきたいですね。林からは「特定の人物がいなくても機能する組織・制度・仕組みを作成してほしい」と言われています。そのため今いるメンバーや新しく入る方の育成をしなければなりません。積極性のあるメンバーには、提案から実行までを任せています。
昨年の会社の規模と現在の規模では、私が担当する業務も大きく変化しました。必要なポジションにメンバーが加わることで、会社もより発展することができています。

NEXTの強みは何だと思いますか?

スピードの速さですね。以前湘南のオフィスを選んでいたとき、内見をした次の日にはオフィスを決定していました。NEXTには必要のない決裁工程もないですし、できる人に裁量権を与えています。スピードが速すぎて、それに追いつくために今ある規程やシステムを変更しないといけないほどです。私の部署のメンバーからは、昨年の夏に「今後会社の規模が大きくなるため今ある規程を変えないといけない」と能動的に規程変更を提案してくれました。意思決定のスピードが速いと会社の成長スピードも速くなり、結果社員までもそのスピードを見据えた姿勢になるのだと実感しました。

これからも成長し続けていきたい

今後どのようになりたいですか?

NEXTを誇れる会社にしたいです。社員がNEXTで働いていると胸を張って言える会社にしていきたいですね。社名だけではまだ分からないと思うのですが、事業所の数では立ち上げ当初に比べると、大分誇れるようになりました(笑)。今後はNEXTといったら何をしているか分かる範囲まで会社を成長させていきたいです。
個人としては、高校時代の友人や年齢が近い先輩後輩とよくゴルフに行くのですが、いつか一緒に仕事か何かで関係が持てたらいいねと話しています。夢ではないですが、いつかできたら楽しいだろうなと思っています。

Interview 他の社員紹介を見る