スキルを磨いて
中国と日本の懸け橋に

神奈川支社 ITインフラストラクチャー統括部 第2技術部

李 鳳蘭 / 2018年入社

将来を見据えた転職

NEXTに入社前の経歴を教えてください。

母国である中国と日本で仕事をしてきました。来日する前は日本企業のヘルプデスクや、日本語を使った行政通訳に携わっていました。将来を見据えて手に職をつけたほうがよいと考え、以前留学していた日本で未経験からエンジニア育成を行っている企業に入社し、再び日本に来ました。前職で経験を積み、現在サーバーエンジニアとして働いています。

NEXTに入社したきっかけはなんでしょうか?

自宅から近いところで働きたかったからです。
前職で参画していたプロジェクトは最長で約8ヶ月間、派遣先がある地方に行きウィークリーマンションで生活しながら主にサーバーの構築を担当していました。未経験の私を一から育ててくれた前職ですが、プライベートの時間を取ることが難しく、転職を決意しました。
NEXTに応募した理由は、自宅に近く私生活を充実させることができる環境であること、会社の規模がそこまで大きくなく、社員同士交流がしやすい企業風土であることです。実際に面接で話を聞き面接官の親しみやすさと、エンジニアとして成長できる環境があると感じ、NEXTを選びました。

日々勉強していくことが大切

今の仕事と工夫について教えてください。

直近のプロジェクトではLinux6でのサーバー構築・仕様書等のドキュメント作成・テスト・引き渡しまでを行っていました。Linux6をそれまで経験したことがなかったため、毎日実践したことや勉強したことをノートにまとめてプロジェクトメンバーの方に確認していただきました。現在はLinux7でクラウド上にサーバーを構築するための勉強をしています。
苦労している点は日本語の設計書を理解することが、日本人の方より時間がかかる点です。日本人の方なら1回読めば理解すると思いますが、私の場合3、4回読まないと理解することがでません。日本語といっても、日常会話ではなく専門用語で作成されている設計書ですので、その点は非常に苦労しています。勉強は大変ですが、実際にサーバーが起動したときはとてもやりがいを感じます。またクライアントにも評価していただき、現在も同じクライアントの別プロジェクトに参画しています。

NEXTの魅力とはなんでしょうか?

私が所属している第2技術部は同年代の方が多く在籍しているので、非常にコミュニケーションが取りやすいです。月1回の部会や食事会、新入社員歓迎会を行い、交流を深めています。季節ごとのイベントを開催することもあるんですよ。また帰社した時は、営業の方と食事に行き、仕事の相談や今後のキャリアについて話をしています。定期的に社員同士の交流ができるので、入社して良かったと実感します。最近では林社長が、NEXTにいる外国人メンバーと日本のローカルフードを食べに行こうと提案してくださいました。社長とも距離が近く、興味深い情報を直接聞けるのも魅力ですね。

国、言語、文化を超えた仕事に携わっていきたい

今後どのようになりたいですか?

プライベートでは、習い事に通う時間ができてきたので、英会話を習いたいですね。
仕事面では、設計書を書けるようになりたいです。それと、エンジニアとは違う目標ですが、グループ会社のひとつであるITグローバルの仕事に携わることができたらいいなと考えています。世界に羽ばたけるチャンスがあることは他社との違う魅力ですよね。自身の実体験を業務に活かし、中国と日本の懸け橋になれればと思っています。
神奈川支社に関しては、女性エンジニアの交流がもっとできたらなと思っています。前職では日帰り旅行や女子会をしていたので、NEXTでも同じようなイベントができたら嬉しいです。

Interview 他の社員紹介を見る