メンバーが最大限の力を
発揮できる場を作る

東京支社 ITインフラストラクチャー 第3統括部
ゼネラルマネージャー

金森 大輔 / 2017年入社

チャレンジを求めてNEXTに入社

NEXT入社前の経歴を教えてください。

運用設計を軸に、新規システムや事業継続サイトの構築プロジェクトに参画してきました。
また、データセンター移設プロジェクトも経験しています。
運用設計では、ITILやISO20000を用いたサービスマネジメントとして、運用アセスメント業務を担当してきました。

NEXTに入社を決めた理由はなんでしょうか?

前職での評価制度のあり方や自身の年齢も考えた上で、チャレンジできる次の環境を求めていた時に、エージェント経由でNEXTを知りました。面談で代表と話す機会があったのですが、代表の誠実さや今後会社が発展していくようなパワーを感じて、NEXTを一緒に大きくしていきたいと入社を決意しました。

クライアントにとって最適な方法を実現

やりがいを感じるのはどんなときでしょうか?

現在参画しているプロジェクトでは設計段階から携わっており、その後のサービス運用まで継続して担当しています。
私たちの責務は使い勝手の良い、成果の出るシステムを作ることです。そのためには、クライアントの考えを超えて事象・原因を考慮し、細部にまで配慮した設計をする必要があります。
例えば、金融業界のクライアントでは顧客の大切な資産を預かり、運用をして収益を還元しなければなりません。そのため、期日までに安定的な運用ができるシステムを構築することがクライアントのゴールでした。
一方、製造業のクライアントでは「挑戦」をすることを求められました。製造業では安定はもちろんのことですが生産効率の追求や、新しい製品を作るための研究開発を行う文化があります。柔軟に挑戦した結果から、改善を繰り返すことが重要なのです。
当然ですが、クライアントの要望によって我々に求められるものは変わります。クライアントの文化を理解したうえでサービスを提供する。頭でわかっていても実際に行動に移し実行するのはとても難しいものです。
「自分たちが作っているサービスのゴールはクライアントが満足に使えること。そのためクライアントの要望を多方面から引き出すようにヒアリングする」ことを心掛け、クライアントと接しています。

最終目標はNEXTのサービスを作ること

仕事をする上で意識していることはどんなことでしょうか?

サービスアセスメントの設計は当然のこと、開発もします。しかし重要なことはプロジェクトチーム全体がうまくいくことです。そのために都度現場に合わせたルールの策定や、シチュエーションに準じた対応フローの構築などを重点に考えています。
複数の人が関わるということは各々やり方や進め方がありますので、それによりメンバー間で行き違いを起こし、フラストレーションを溜めてしまうことがあります。フラストレーションが溜まった現場は、コミュニケーションがうまく働かないため、プロジェクトが破綻します。そうならないためには、ひとりひとりが最大の力を発揮できるように先立って手を打つことが重要です。個々の問題にするのではなく仕組みで解くことができれば、プロジェクトはうまくいきます。プロフェッショナルとは成果物(今回でいうとプロジェクト)に責任を持つことだと思っています。

今後の目標はありますか?

NEXTのサービスでは、サービスとしてより良いものをクライアントへ届けたいと思っています。そのためにメンバーとどういうところで強みを出していくのか、強みを出すためには何を身につけないといけないかを話し合っています。
エンジニアだけではなく営業ともしっかりコミュニケーションを取り、各々のスキルアップに直結する環境も作っています。そして、この延長に良いサービスを創出するチームが成り立つと信じています。

私個人の目標は部署メンバーの理想像実現に向けてサポート力を強めることです。メンバー自身がキャリア形成と真剣に向き合い、何が必要かを考え達成できるようにしっかりサポートしていきたいです。

Interview 他の社員紹介を見る